【記事】二年目から手取りが下がる!?知っておきたい税金の話

2017年2月23日

こんにちは。
突然ですが、2年目から多くの社会人の手取りが下がるって知っていましたか?
基本的に初任給から税金として2万円ほど引かれた額があなたの手取りになるのですが、2年目からその手取りから更に1万円ほど引かれるようになってしまうんです。

https://allabout.co.jp/gm/gc/12050/
https://biz.moneyforward.com/blog/houjin-kaikei/note-resident-tax-sophomore/

その原因は住民税。今もアルバイトでがっつり稼いでいます!という学生さん以外保護者の扶養に入っているはずです。しかし社会人になれば扶養ははずれ、住民税がかかるようになります。住民税は前年の所得に基づいて計算されます。そのため、社会人2年目から住民税がかかるようになり、結果手取りが減ってしまうというわけです。
一年目から倹約、節約、貯金を心がけなければ2年目から生活が立ち行かないなんてこともあり得ます。
お金の使い道はしっかりと考えて、今のうちからコツコツと貯金を積み重ねていくのもいいですね。

»ニュースリリース一覧へ戻る